子育て支援センターぽっぽのママ講座に密着!“ウォーターフォールカード作り”体験レポート

伊万里市民センター1階にある【子育て支援センターぽっぽ】をご存じですか?
【子育て支援センターぽっぽ】は未就園児とママたちが集まる憩いの場です。定期的にお話会やママ向けの講座などのイベントを開催され、伊万里在住のママだけでなく県外出身のママたちも多く利用しています。
「悩みをきいてほしい」「育児の話を共有したい」「ママ友を増やしたい」という方ばかりで、気兼ねなく話せる雰囲気が魅力なんですよ♪

子どもたちが就園した後も、ぽっぽと先輩ママたちの絆は健在。
特に『ママ講座』は、ぽっぽママ自身の特技を活かす場として人気があります。

子育て支援センターぽっぽの内観
子育て支援センターぽっぽの内観。手作りのおもちゃがいっぱい!

託児利用可能!ママ1人の時間を大切に、たまにはホッと息抜きを

『ママ講座』は、ぽっぽを卒業した先輩ママたちが講師となり、月1~2回のペースで講座やワークショップを行う企画です。
「お母さんたちが自分の特技を発揮し、社会に出たときの自信につなげてほしい」という山口やよい先生(ぽっぽセンター長)の願いのもと、平成25年にスタートしました。
もちろん、ママ講座の間は託児利用が可能!

普段、授乳や後追いの時期で、1人で過ごす時間やゆっくり休む時間がほとんどないぽっぽママ世代。少しの時間でも1人で過ごせるだけでも、子育て中のママたちにとって貴重な時間です。

子育て支援センターぽっぽの先生といしはらあさこさん。

伊万里市民センター1階にあるわくわく広場で託児を行います。ぽっぽの先生方が子どもたちをおんぶしたり抱っこしたり、一緒に遊んでくれますよ♪中央は12月開催のママ講座講師・いしはらさん。

最近では12月6日に『ウォーターフォールカード教室(ママ講師:DTPデザイナーのいしはらあさこさん)』を開催。

ウォーターフォールカードとは、カードの持ち手を引っ張ると、パラパラとページがめくられていく仕組みのことです。
各自で用意するものは、カードの素材となる写真と材料費の200円のみ。
定員は10名でしたが、募集人数以上に希望者があり、キャンセル待ち状態だったそうです…!

こちらがウォーターフォールカード。ちょっと複雑そうな作りですが、講師の方も先生たちもいてくれるので挑戦しやすい!参加者の中には「絵本作りに応用します!」というママも♪

はな
いしはらあさこさんについて気になる方は、コチラの記事をご覧ください♪

伊万里市の母デザイナー“なんでも造形屋いしあさ工房“『いしはらあさこ』さん

2017.10.26

大人の工作って新鮮!集中する時間がある喜びを実感

子どもたちをぽっぽに預けるママたち。我が子が泣き叫ぶ声を背に後ろ髪を引かれつつも、別室の会場に集まります。
思い思いの写真をテーブルに並べつつ、席が近いママ同士「お子さん、おいくつですか~?」「○○ちゃん、託児のとき泣いちゃった?」としばしの雑談タイム。
初対面のママも打ち解けやすい雰囲気の中、いしはらさんのママ講座がはじまりました。
全員真剣なまなざしで説明をきき、わかりにくい部分の説明はいしはらさんの周りに皆で集まり、実演を通して教わりました。

子育て支援センターぽっぽのママ講座の様子

いしはらさんの説明に聞き入る、ぽっぽママたち。じっくりと集中できる時間って、もしかしたら子育て中の母が一番ほしいものかも…!

いしはらさんが用意されたカードの土台となる素材には、折り目の目印として点線や色付けされているものがあり、初心者の方や工作が苦手な方も安心して取り組めそうです。
カードのポイントとなるジャバラ部分の製作では
「次、どうするんでしたっけ?」
「これで合ってる?」
など、ママ同士で相談しながら笑い合う姿も。
手順を間違えた場合も
「大丈夫!まだ修復できるよ!」
と、いしはらさんがさりげなくアドバイスされ、1人ではなく皆で楽しみながら工作に励みました。

台紙に貼った写真を折り紙やシールなどで飾る仕上げ段階では、童心に返ったようにデコレーションに夢中なママたち。
飛び出す仕掛けを作ったり、写真を時系列に並べたりと、最後は各自カード作りに没頭しました。

ウォーターフォールカード教室の様子。

各自で持参した写真は、我が子のショットばかり。ママを忘れて工作はしても、やっぱりママですね!家族に見せたり子どもにプレゼントしたりと、思い思いの作品に仕上がっていきます。

新年最初の講座は【男女協働参画懇話会いまりプラザ出張講座】。少しの間でもママ自身が楽しめる時間を

子育て支援センターぽっぽのママ講座で講師を務めたいしはらあさこさん

講師のいしはらさん、久しぶりのママ講座で少し緊張ぎみ。丁寧な教え方と優しいお人柄で、ぽっぽママたちのハートをグッと掴んでいました♪

仕上げタイム後、参加者1人1人が一言ずつカード作りの感想を発表しました。
「夫に見せるのが楽しみ」「子どもの成長の記念になる」「少しの時間でも子育てを忘れ、リフレッシュできた」「工作に集中でき、とても楽しかった」など喜びの声に包まれながら講座を終えました。
子どもを迎えに行くママたちの表情は明るく「たまに息抜きをしながら、子育てを楽しもう!」という心のゆとりが感じられました。
家事や育児に追われる日々で忘れがちになりますが、自分自身が楽しむことも子どもたちにとって良い影響があるのではないでしょうか。
1月のママ講座はありませんが、子育て支援センターぽっぽでの講座はまだまだたくさんありますよ!

平成30年1月10日に【男女協働参画懇話会いまりプラザ出張講座inぽっぽ】を開催される予定です。

■開催時間 10:30~12:00
■内容
・ 「音楽と絵本の世界」…黒川町うちどく広め隊
・「わいわい楽しもう“子育てビンゴ”」…いまりプラザ
※子育て支援センターぽっぽを利用されている方なら、どなたでも受講できます。もちろん、託児も利用可能です♪

■事前申込みが必要
子育て支援センターぽっぽへお電話、もしくは直接ぽっぽへお越しいただき、お申し込みをお願いいたします。
笑顔満点の先生たちやぽっぽママが新たな仲間との出会いを待っています。

子育て支援センターぽっぽイベントカレンダー

市役所ホームページに掲載中のイベントカレンダーを抜粋しています。

子育て支援センターぽっぽ

■所在地  : 〒848-0045 伊万里市松島町391番地1(市民センター1階)
■電話番号 : (0955)23-5197(直通)
■市役所ホームページの子育て支援センターぽっぽ情報 http://www.city.imari.saga.jp/4505.htm

“なんでも造形屋いしあさ工房“DTPデザイナー いしはらあさこさん

■Facebook

https://www.facebook.com/profile.php?id=100015053050276

※問い合わせは、Facebookのメッセージで受付け中

※パネルシアターのご相談・依頼、大歓迎

 

ABOUTこの記事をかいた人

はな

伊万里市在住2年目。女の子2人の母。 ヤル気はあるが、何かと空回る性格。悪気はない。 平野育ちで、海と山がある伊万里市の生活に驚くことが多い。 武雄市や唐津市へ山を越えたり、トンビが飛んでいたり…未だに衝撃的で楽しい。 長崎県や福岡県が近いので、いつか長崎食い倒れの旅と博多&天神買い物巡りをしたいと妄想している。 セキセイインコを愛してやまない変わり者。