子連れの外食

「子どもを連れていくと、なかなかゆっくり食事ができない」
全ての母が抱える、子連れでのお悩みでしょう。
子どもが店内を走りまわったり、ジュースをこぼしたり…。
一息する間もなく、何かしら起きるのが子連れの外食です。
特に幼児期の頃は、周りにあるものが全て面白く、好奇心旺盛な時期。
子ども椅子にジッ座っているなんて夢のような話。
そもそも、座ることすらままならない…というときもあります。
「子連れで楽しく外食に行くためには、何をしたらいいの?」
と頭を抱えてしまうことはありませんか?
我が家では、
・お気に入りのおもちゃを持参する
・一緒に手遊びやスキンシップをとる
・待ち時間に絵本を読む
など、いかに子どもが歩き回らないようテーブルの何かで集中できるか、気を向けられるかを考えていました。
もちろん、どの方法も毎回成功するわけではありません。
母としても、絵本の読み聞かせや手遊びは子どもに付きっきりになるので、ママ友とのランチでは難しいし、食事中も子どもの様子を見ているので味もそこそこになってしまうし…。
あれこれ模索しても、ただただ悩んでも、そこに明確な答えはないんです。
幼少期の子育てを終えた母として思うことは、どんなに気を配っていても
『アクシデントは起こるもの』
それを大事にならないよう、他人に迷惑をかけないように気がけていれば、母の心も少しは楽になるのではないでしょうか。
もちろん、そう思い至るまでに、子どもと母の戦い(という名の子育て)がありましたが、それはまた別の機会に。
子連れ歓迎のお店を選んだり、座席や個室、キッズルームなどがあるお店にしたりと、普段から子どもと楽しく過ごせるよう気がけていれば大丈夫。
何より、長いようにみえる幼児期も今だけのことです!
可愛い我が子の幼児期を心にゆとりをもって過ごしたいものですね。

子育て世代のお悩み解決

ABOUTこの記事をかいた人

Ring!Ring!Ring!製作委員会

いまり母のポータルサイト【Ring!Ring!Ring!】の構築・編集などのまとめ役。 Ring!Ring!Ring!製作委員会メンバーを含む、子育て中の母や伊万里在住の女性たちがサイト構築や取材・記事の執筆など、すべてを担当しています。 全般のフォローや裏方でアタフタしているメンバーです。