誰もが「いい感じ♪」になれるリラックス空間ヘアサロン la vie~ラ・ヴィ~

実は伊万里はヘアサロン激戦区といわれる程に人口に対してのサロン数が多い街。
その中でも確かな技術と居心地の良い空間で多くのリピーターに愛されている「ラ・ヴィ」の魅力をレポートします!

確かな技術と居心地の良さ

私がラ・ヴィに通うきっかけになったのは数年前、「ショートスタイルが得意です!」とある広告で目にしたオーナーさんの一言。
ショートが得意、と断言するには相当技術に自信がないと言えないはず、とこれまで人生の大半をショートで過ごしてきた私にとって、これは一番ピンポイントな言葉。ちょうど伸びかけていた髪を切ってもらおうと、早速予約を入れました。



場所は伊万里駅を市民センターに向かって真っ直ぐ。伊万里小学校を目指していけばサロンの看板が見えてきます。
道路から少し奥まった所にまるで白い木箱のようなほのぼのとした外観のサロンがラ・ヴィです。
店内も白ベースの木目調で落ち着いた雰囲気に、カットブースも3席と、多くのスタッフやお客で賑わうサロンがちょっと苦手な私にとっては、
「リラックスできるちょうどいい居心地の良さ」。一度で気に入ってしまいました。


そんな可愛い雰囲気のサロンを経営するのはオーナーの岡本聡士さん。
東京や高知のサロンで経験を積んで、伊万里に帰郷。
美容業界歴は約20年程にもなるそう。
カットの技術は言葉どおり、上手で丁寧。
カット前にも、なりたいイメージや髪のクセ、伸びた時の雰囲気などまで丁寧にカウセリングしてくれ、特に希望がなくどうしたいのか迷った時にもいろんな提案をしてくれるのも頼もしい。
ラ・ヴィに通うようになってからは、心の中で「こんなん違う〜泣」となる事もなく、
イメージ通りのあらいい感じ♪
日がたってもいい感じ♪
と、毎回満足な仕上がりになるようになりました。

オーナーには奥様と娘さんがいらっしゃるので、子育てやママトークにも対応OK。
他にも女性スタッフが2名おられるので、女性スタッフがご希望の方は
指名することも可能です。 
店内入口近くにはキッズスペースもあり、子ども連れの方でも安心・気軽に来ることができますし、私の個人的なお気に入りは席に座ると渡してくれるミニ抱き枕つきの膝掛け。
枕を膝に乗せるとこれが絶妙に身体にフィットして、自然に力が抜けてリラックスモードになれるんです。
日々のバタバタをここに来るとフッと忘れさせてくれる…。そんなちょっとした気遣いが多くの人から愛される理由の一つなんじゃないかな、と思っています。

カット嫌いの男の子もお気に入りに!

とにかく髪を切るのを嫌がっていたウチの長男。
これまで数件のサロンや床屋さん、最後は自宅バリカンまでも試してきたけど、イスに座るまでもひと苦労、最後は母抱っこしながらのやっとカット。
美容師さんにも気を使うし、正直、子どもも母も結構なストレスになっていました。
(そのくせ、少しでも伸びてくるとかっこ悪いとかいう…)
そんな長男が、ラ・ヴィではなんと人生初のシャンプー台からできたんです!
その理由は…イチゴ・ミント・バニラとまるでアイスの様な甘〜い香りがする新感覚シャンプー。
「どの香りが好きかな〜?」と子ども本人に選ばせてくれて、そこで子どもも「ここは楽しいかも?」と思ったみたい。
シャンプー台で大人と同じ様に洗ってもらったのも嬉しかったみたいだし、お店のタブレットで色んな髪型の中から
「こんな髪型はどう?」と子どもが納得してのカットだったのも安心したよう。
今では「あのシャンプーのとこなら行く!」と言うまでになってくれ、親子のストレスがひとつ解消できました。

髪を育む。復元する。県内唯一の資格を持つサロン

実はオーナーの岡本さんは、佐賀県で唯一の毛髪の復元・再生技術の資格「毛髪構造復元士」の資格を持つ方。
髪が痛んでしまって、どうしようもない…とあきらめかけていた方には救世主的な存在です。
他にも、髪や頭皮ケアのヘッドスパやトリートメントメニューも豊富で、とことんリラックスしたい方にはVIPルームも用意されているそう。
ここにはさすがにまだ入ったことない私ですが、いつか自分へのご褒美として利用してみたいですね。

人も髪も一生のお付き合いとして

最後に『lavie』とは、フランス語で人生・生命・生活という意味。
ただお洒落になればいい、では無く、お客様が人生を共に過ごしていく大事な髪と一生のお付き合いをしていきたい。との願いがその名前に込められているそうです。


ヘアサロン la vie~ラ・ヴィ~

TEL/0955-25-9132
営業時間/平日10:00~19:00 日祝9:00~18:00
店休日/毎週月曜日・第3日曜日
『ラヴィ 伊万里』で検索すると、お店のホームページが見られますよ!

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

あごつぶ댊

あご=長女と長男それぞれの名前の頭文字から。 つぶ=小柄なのと、つぶやくようにしゃべる所から。 有田町出身&育ち&在住。就職で福岡に住んだ時に、有田焼や伊万里焼が有名な事に驚く。 伊万里の高校時代にがっつりめの運動部にいたので、今も体育会系の気質がなかなか抜けない。 幼い頃から本が好き。 子育てが落ち着いたら読書三昧するのを今から楽しみにしている。